http://bkclass.web.fc2.com
B class impostor of information technology...
 
   
   
 

UbuntuのデスクトップUnityでタスクトレイ・アイコンを表示する

Ubuntu 11.04からデスクトップ・インターフェースとしてUnityが採用されました。 そのUnityで独自プログラムのタスクトレイ(タスクバー)・アイコンを表示する方法です。

タスクトレイ・アイコンの表示方法

「dconfエディタ」で、タスクバー・アイコンを表示させたいプログラムをホワイトリスト(systray-whitelist)に追加します。

「dconfエディタ」のインストール

「dconfエディタ」がUnityのメニューに見つからない場合にはインストールしてください。。

  1. ランチャーなどから「Ubuntuソフトウェアセンター」を実行します。
    [拡大]
  2. 「Ubuntuソフトウェアセンター」の検索欄に“dconf”と入力します。
    [拡大]
  3. 「dconfエディタ」をインストールします。 (「dconfエディタ」の項目を選択すると表示される「インストール」ボタンをクリックします)
    [拡大]
  4. 「Ubuntuソフトウェアセンター」を終了させます。

「dconfエディタ」でアイコン表示を許可する

  1. Unityのアプリケーションメニューで「dconfエディタ」を選択して実行させます。
    [拡大]
  2. 「dconfエディタ」の右側のツリーでcom → canonical → desktop → unity → panelを選択します。
    (Ubuntu 12.04まではdesktop → unity → panelでした)
    [拡大]
  3. systray-whitelistのValueの項目をクリックして値に、タスクバー・アイコンを表示させたいプログラム名を追加します。
    • 他のエントリを参考にプログラム名を入力します。
    • 入力後にはリターンキーを押して確定させてください。
    [拡大]
  4. 「dconfエディタ」を終了させます。

Unityを立ち上げ直す

ログインし直してUnityを再立ち上げします。

 
   
  Copyright © 1998-2015 m,KATO. | Web template created with doTemplate.  
     
inserted by FC2 system